| 太陽光発電,住宅リフォーム,スマートハウス,蓄電池を導入いただいたお客様の声をご紹介。

LIBERAL SOLUTION
MAIL
TEL

太陽光発電,住宅リフォーム,スマートハウス,蓄電池を導入いただいたお客様の声をご紹介。

お客様の声voice

茨城県つくばみらい市Sさま太陽光発電導入

知人からの紹介が、導入のきっかけ。ガツガツしてない営業スタイルに、好感。

調べれば調べるほど、
提案されていることの正しさが分かりました。




営業
Sさんのお宅は、もともと先輩の方からのご紹介でしたよね。

旦那さま
そうです。職場の先輩が、信用できる会社があるから、というのでご紹介いただきました。

営業
当時のいきさつを改めて伺えますか。

旦那さま
新築で家を建てた時点で、家のエネルギーはオール電化にしていたんですけど、震災のあと、すべてが電気だと停電のときに怖いな、というのを実感しまして。太陽光発電には以前からある程度前向きだったんですよね。

営業
そこに、先輩の体験話があったと。

旦那さま
はい。「お前の家も太陽光にすれば?」って(笑)。ものすごく細かく調べる先輩だったので、その先輩が奨めるのなら、大丈夫なのかな、と思いましたね。

営業
それで、私たちにご提案のお時間をいただきました。でも、ご主人もご自身でずいぶんお調べになったとおっしゃってましたよね。

旦那さま
調べました(笑)。奨められてるメーカーの口コミや、地域の補助金のことや、導入後のお金の流れや…。
でも、調べれば調べるほど、リベラルソリューションさんが説明している通りでしたね。

営業
補助金は地域によって異なりますが、やはり今後はどこも縮小傾向になっていくと思うんですね。
また、売電価格も、電力会社と政府の決定事項になりますが、いまの単価では買ってもらえなくなると思います。
契約を開始すれば、契約時の売電価格が10年間守られますから、もし太陽光発電を検討するのであれば、確かに早い方がメリットは大きくなると言えるでしょうね。

奥さま
もともと停電対策だったとは言え、やっぱりお金については重大ですよね。私も夫も、そこまで慎重なわけでもないんですけど、額が額ですから。踏み出すための材料は必要でしたね。

旦那さま
ちなみに、僕はけっこう人見知りなんですね(笑)。リベラルソリューションさんは、ガツガツした営業スタイルではなかったので、そこも安心材料になりました。「別につけたくなければ、つけなくて結構なんですよ」って言われましたから。

営業
それは本音なんですよ。無理してつけるものでもありませんし、強引に話を進めても不信感が募るだけだと思っています。

奥さま
私、自分が接客業をしているので、営業の方がどういう姿勢なのかは大切にします。特に訪問販売の場合は、強引な人が多い気がするんですね。リベラルソリューションさんは、まずそこが違うところですよね。

営業
お客さまはけっこう見ているものなんですね、私たちのような営業マンのことを。勉強になりますね。

奥さま
あと、私たち夫婦が納得しても、実家の両親たちは心配していたみたいですけどね。家を購入した直後でもありましたし。

営業
でも、実際に設置されたのを見て、旦那さまのお父さまが褒めてくださったらしいですね。

旦那さま
自分の家でもないのに、何か誇らしげでしたね(笑)。

営業
弊社でご紹介しているメーカーは、他のメーカーに比べても屋根に合わせてきれいにパネルが貼付けられるのが特長なんですよね。見栄えが抜群にいい。加えて、屋根を傷つけない工法で設置できるので、経年変化に対しても強いです。

共働きの若い夫婦。しかも新築一戸建て。 太陽光発電にはピッタリだったんだと思います。

旦那さま
停電対策として太陽光発電を検討しはじめたというのもあって、導入後の負担も、家のローン「+10000円」程度までなら、許容できるかな、と思っていたんですけど、スタートしてみたら完全に経費削減になっています。

営業
光熱費の負担が減りましたか。

奥さま
かなり減りましたね。

営業
まあ、タイミングは各家庭にありますからね。ただ、Sさまの場合、ほぼ新居に近かったので、それもよかったですね。太陽光パネルの耐用年数よりも、屋根の耐用年数の方が短ければ、いかにいい発電量でも、途中で断念せざるを得ないケースもあります。

旦那さま
じゃあ、うちはバッチリだったんですね。先輩のおかげです(笑)。

営業
これも実際に発電が開始されて、月々の売電が数字として現れて、ようやく私たちも安心できるというところがあります。

旦那さま
浮いたお金というか、プラスになったお金は、こつこつ貯金してますよ。

営業
堅実なんですね(笑)。

旦那さま
まだ若いですからね。

営業
一括で設備費を支払ってしまうご家庭もありますが、私たちとしては通常、導入時の出費がないかたちでのご提案をしています。つまり、ローンでお支払いただく。その場合、若いご夫婦の方が先々まで計算してプランが組めるので、柔軟なシミュレーションができるのは事実ですね。





担当営業 東東京支社 支社長 伊東健太郎