| 太陽光発電,住宅リフォーム,スマートハウス,蓄電池を導入いただいたお客様の声をご紹介。

LIBERAL SOLUTION
MAIL
TEL

太陽光発電,住宅リフォーム,スマートハウス,蓄電池を導入いただいたお客様の声をご紹介。

お客様の声voice

神奈川県横浜市Nさまオール電化+太陽光発電導入

家族が多いからこそ、気になる光熱費。効果は一目瞭然。生活リズムも変わりました。

主人は建築関係の経営者。
価格交渉は、手強かったはずです(笑)。




営業
はじめてNさまとお会いしたのは、確か2012年の2月頃でしたよね。

奥さま
2月ですね。いちばんはじめは、電話でアポイントをいただきました。その少し前に、ガス会社の点検があって、10年ぐらい使っていたガス給湯器の寿命が近いと言われていたんですね。ただ、ガス給湯器を買い替えるとしても10万円前後はしますから、さてどうしようかな、と思っていたところだったんです。

営業
そこで弊社がお話ししたのが、オール電化についてでした。

奥さま
そうでしたね。うちは主人が建築関係の仕事をしている関係で、給湯器のことや給湯システムのことは、わりに情報があったんですね。だから、エコキュートについても抵抗はありませんでした。

営業
確かお子さまがいらして、光熱費が比較的かかってらしたんですよね。

奥さま
そうです。やっぱり家族が多いと、生活時間もバラバラになりがちで、お風呂だエアコンだ、とそれぞれが使いますので、どうしても光熱費は高くなりますよね。

営業
オール電化のご説明をさし上げてしばらくしてから、Nさまの方から太陽光発電についてご質問がありましたよね。

奥さま
オール電化にするのなら、太陽光発電とセットの方がいいんじゃないか、って主人が言うものですから。でも、それは正しい視点だったわけですよね。

営業
もちろん、オール電化だけでも経済的な効果にはなるのですが、太陽光発電と組み合わせた方がぐっとメリットは大きくなりますね。言い方を変えると、オール電化にした場合の電気料金プランには、小さなウィークポイントがあるんですが、そこをそのまま太陽光発電が補ってくれるというイメージでしょうか。

奥さま
昼間、太陽光を利用すれば、割高な電気を使わずに済むわけですよね。

営業
聞きにくいお話ですが、別の業者から見積をとったりはなさらなかったんでしょうか。

奥さま
しませんでしたね。これは主人の考え方だと思いますが、あちこちから見積だけとって、安いところにお願いするという発想ではなかったんだと思います。それよりも、信用できる営業マンひとりと、納得いくまで相談したり交渉したり、というのが結果としてはいい方にいくと思っているんじゃないですかね。

営業
確かに、かなり勉強させていただきました(笑)。

奥さま
そうだと思います(笑)。失礼な言い方かも知れませんけど、リベラルソリューションさんっていう会社名を、そのときにはじめて聞いたわけですね。だから、おそらく新しい会社なんだろうと思いました。そこをつっついて、価格交渉をした方がいいというのが私と主人の共通見解でした(笑)。

営業
そうだったんですね!かなり勉強させていただきました(笑)。

奥さま
うちは主人がその業界に近いので、手強かったと思いますよ。

営業
おっしゃる通りです(笑)。ただ、できるだけお安く提供したいというのは本音でもあるので、よろこんでいただけたならうれしいことですよね。

いい月だと、光熱費は前年の1/3。 やってよかったとしか、言いようがないです。

奥さま
何年も前のことですけど、実は太陽光発電にトライしかけたことがあったんですね。結局、すぐに解約してしまったんですが。

営業
解約の原因は何だったんでしょう。

奥さま
ズバリ、もとがとれない(笑)。もっと前の段階で判断すればよかったんですけどね。ただ、今回のプランなら、しっかりもとがとれると思いましたし、それは導入して以降の数字を見ても明らかですね。

営業
実際、どれくらいのメリットが出ましたか?

奥さま
光熱費を前年の同じ月と比較すると、ほぼ半額。調子のいい月だと1/3近くまで圧縮できています。夏場なんかだと3万円近いこともあったのが、いまは1万円以下ですから。

営業
それに加えて、余った電力は電気会社に買ってもらっていますもんね。

奥さま
うん、やってよかったとしか言いようがないですよね(笑)。前は、ひとつの部屋でエアコンをつけて、そこに全員が集まっていたんですけど、いまは子どもも主人も、気にせずそれぞれの部屋でエアコンをつけています。私も、家族に対して口うるさく言わなくて済みますね。

営業
まあ、その他に設備分の支払いはあるにせよ、それにしても、半分とか1/3というのまでは想像していませんでした。明細を見ると一目瞭然ですね。

奥さま
設備分というのは、給湯器と太陽光パネルが主ですよね。でも、特に太陽光パネルの方は、やはりこの数年でかなりコストダウンしたんじゃないでしょうか。

営業
それは、実際に販売をしていて感じます。もうひとつ言うと、パネル一枚あたりの発電効率も年々あがってきていますね。やはり、技術の進歩やコストダウンなど、メーカーさんの努力が実ってきているんでしょうね。

奥さま
せっかく光熱費が安くなるんだから、というので、生活のリズムも少しずつ変わってきてますね。

営業
昼と夜のバランスですか。

奥さま
そうです。電化上手というプランになったので、できるだけ電気を使うのは電気料金の安い夜にしています。料理も洗濯も、許される範囲で23時以降にするようにしてます。いま何キロワットぐらい使ってるかな?というのが頭の中で計算できるようになりましたね。

営業
ご主人の会社の経理をなさっているからかもしれませんが、こうして奥さまが光熱費のことを細かく把握されているので、ご主人も安心されているんじゃないですか?

奥さま
安心というか、感謝してほしいですよね(笑)。




担当営業 横浜支社 コストダウンプランナー リーダー 對馬貴之

担当総務   城田良介