太陽光発電について、メリット、仕組みなどをご紹介しております。

LIBERAL SOLUTION
MAIL
TEL

太陽光発電について、メリット、仕組みなどをご紹介しております。

太陽光発電solar power

太陽光発電システムとは

太陽光発電は、ご自宅の屋根などに太陽電池を設置して太陽の光で電気をつくります。
つくった電気は、実際にご家庭で使用して、使い切れずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。災害で停電になった時でも太陽が照っていれば、電気を使うことができます。(※PV-PS18Gは除く)環境に優しく経済的にも嬉しいシステムです。

太陽光システムとは

メリット1 地球にやさしいクリーンエネルギー

石油の年間消費量・約48缶分(18L缶)相当のCO2を削減

三菱の太陽発電(3.7kWシステム)を設置した場合、たとえば東京都のわが家なら年間予測約3.808kWhの電力を発電。これにより一般家庭の年間CO2排出量(約1.980kg/CO2)の60%以上にあたる約1.198kg/CO2を削減できます。また石油消費量に換算すると、年間で約48缶分(18L缶)を節約できることになり、限りある資源もいっそう大切にできるわけです。

くすの木なら約14本分ものCO2吸収量に相当します

太陽発光電によるCO2の削減効果は、新たにくすの木を約14本植樹したのとおなじ効果でもあります。それはまるで、わが家の庭に、緑をいっきにいっぱい増やしたような気分。環境へのやさしさと毎日のすがすがしさに満ちた太陽光発電ライフ。すでにたくさんのご家庭で楽しまれています。

メリット2 買電・売電システム

オール電化+時間帯別電灯契約で更にお得!

余った電気は売り、発電量が不足したときは買う合理的システムです。
昼間発電し余った電力は電力会社に売り、雨の日や夜間は従来通り購入。この電力会社との系統連系により年間を通じて電気料金を軽減できます。太陽光発電は、経済的効果の高さも注目されています。

メリット3 買電・売電システム公的補助金制度

太陽光発電システムを設置すると、各地方自治体が行なっている補助金制度に申請することができます。

補助金制度の募集時期・申請方法・交付金額・条件などは各地方自治体で異なります。詳しくは各地方自治体へお問合わせ下さい。
【参考】財団法人 新エネルギー財団  2006年度に住宅用太陽光発電システム設置支援策を有する自治体(2006年10月調査)

メリット4 安心の保証制度

※下記三菱電機株式会社が提供する保証です。
太陽電池モジュール・パワーコンディショナ・接続箱(マルチアレイコンバータ含む)・システム部材(架台・取付金具)が故障した場合は、引き渡し日からモジュールは20年間、パワーコンディショナ・接続箱(マルチアレイコンバータ含む)・システム部材は10年間、無料修理させて頂きます。

モジュール20年保障

太陽電池モジュールの出力がJIS C 8918で規定する条件下において、公称最大出力の80%を下回った場合、引き渡し日から20年間無料修理をさせていただきます。
(下回ったモジュールのみ対象)

運用開始時期 2012年10月1日以降の保証書発行分
対象モジュール PV-MA 2120J、PV-MA 1050JH/JL/JR、PV-MA 2070J、PV-MA 1020JH/JL/JR、PV-MA 1680JW、PV-MA 0840JV 、PV-MA 2082JS、PV-MA 1990JS、PV-MA 2000JK(2012年10月現在)
*上記以外のモジュールは、10年保障となります。
機器10年保障

(1)パワーコンディショナ及び接続箱(マルチアレイコンバータ含む)が正常に動作しない、またはパワーコンディショナの電力変換効率がJIS C 8961で規定する条件下において、カタログ記載値の90%を下回った場合、引き渡し日から10年間無料修理させていただきます。
(2)システム部材が、製造瑕疵により設置強度を保持できず、太陽電池モジュールの外れ・落下等を生じさせた場合、引き渡し日から10年間無料修理をさせていただきます。(陸屋根用システム部材の取付架台と建物を接合する部品類は据付工事の範囲となり、保障の対象外となります。)

メリット5 オール電化と太陽光発電を組み合わせると・・・!?

ライフスタイルによって電気代が非常に下がるケースもあれば、下がらないケース、上がるケースもございます。お客様の使用状態を拝見しながら最適な提案を致します。

オール電化住宅は、一般的にはガスを利用することが多い給湯機器やキッチン・コンロの双方を電気機器(エコキュート・IHクッキングヒーターなど)に換え、住宅内からガス機器を無くし、ガス代とその基本料等も節約できるようにした住宅を指します。
通常住宅でよく利用されている料金プラン 時間帯によらず消費電力に従量で料金を課金する「従量電灯」料金メニュー
オール電化住宅で良く利用されている料金プラン 日中不在の為、帰宅後から朝までの深夜電力を安価に利用できる料金メニュー

※ 細かいサービス内容や料金は電力会社によって異なります。詳細は電力会社様へ直接お問い合わせください。

深夜電力を安価に利用できる料金メニューの場合 ※一例
深夜電力を安価に利用できる料金メニューの場合

従量電灯メニューでは20~25円/kWhのところ、深夜時間帯(22:00~翌朝8:00など)にかぎり10円/kWh以下で電気を使えるメニューです。エコキュートは通常、安価な深夜時間帯にお湯を沸かしてタンクにためておき、電気代を節約します。ただし、深夜時間帯は安価になる代わり、昼間の時間帯は従量電灯よりも高く、30円/kWh程度になります。

深夜電力メニュー設定中、日中に電化製品を利用する時、太陽光発電がある場合とない場合 ※ 一例
深夜電力メニュー設定中、日中に電化製品を利用する時、太陽光発電がある場合とない場合

太陽光発電がない場合、昼間は高額な電気料を払わなければならなくなります。しかし太陽光発電でつくった電気があれば、高額な電気を買わずに済みます(買う量を削減できます)。

メリット6 災害時にも活用できる

太陽光発電を搭載した住宅には停電時に役立つ機能が備わっており、災害時などに強い住宅といえます。

オール電化住宅や太陽光発電を利用している方、電力に比重を置いたライフスタイルを検討されている方は、「災害時に停電してしまったら・・・」と不安になる事も多いのではないでしょうか。
太陽光発電では通常時、パワーコンディショナを通して、照明やコンセントなどに電気を供給し、余った電力を電力会社へ送り買い取ってもらいます。しかし停電時は、パワーコンディショナから自立運転専用コンセントへと切り替えることで、電気製品を使用することができるようになります。もちろん、使用できるのは日中に発電した分の電気に限られますが、停電時には、この電気が強い味方になることは間違いありません。
また、日本の場合、工事などによる計画的な停電以外で、長期間の停電が起こることは非常にまれです。災害時には、様々なライフラインと同様に電気も供給が停止してしまいますが、「水道・ガス・電気」これらの中で最も復旧が早いのが電気です。※阪神淡路大震災時のライフライン復旧記録より参照。

お客様からは災害時などに、オール電化にしていて良かったという声も多く聞かれます。

産業用太陽光発電システム

近年、二酸化炭素排出にともなう地球温暖化、化石燃料に起因する酸性雨による森林や湖沼の被害拡大、化石エネルギーの枯渇など「エネルギー」と「環境」に関する問題が地球規模で深刻化しています。有限であるエネルギーの確保、そして環境問題への対応策として、太陽光をはじめ無尽蔵でクリーンな自然エネルギーの利用が化石燃料の代替エネルギーとして期待されています。

お電話・メールによるお問い合わせ

  • 0120-841-296
  • 0120-841-296
  • info@liberal-solution.co.jp
住宅リフォーム
スマート電化
風力発電
新電力事業
蓄電池
事業案内