太陽光発電とはまた違う、24時間発電する風力発電の詳細な仕組みとメリットをご紹介しております。

LIBERAL SOLUTION
MAIL
TEL

太陽光発電とはまた違う、24時間発電する風力発電の詳細な仕組みとメリットをご紹介しております。

風力発電wind power

風力発電とは

風にかざすと回るかざぐるまと同じように、自然の風を受けて回る巨大な風車を用意し、その回転によるエネルギーで発電するという仕組みです。太陽光発電や水力発電と同じく、再生可能エネルギーを利用しており、環境に優しい上、事故が起こりにくく、何かとリスクの少ない発電方法と言われています。

風力発電とは

さまざまなメリット 風力は枯渇の心配がない無尽蔵の純国産エネルギーです。

風力発電は、一定の風速があれば、昼夜を問わず電力を生み出してくれる発電方法です。
その他にも・・・

  • 発電時に地球温暖化の原因となるCO2を排出しない。
  • 安定した風力の得られる海岸線の長い日本に適している。
  • 風力エネルギーの約40%を電気エネルギーに変換でき、太陽光発電に比べ効率が良い。
  • 再生可能エネルギーを利用しているので、外部からの影響を受けにくい。
  • 一定の風速さえあれば、24時間いつでも発電できる。
  • 酸性雨や光化学スモッグなどといった大気汚染の原因となる酸化物を排出しない。

など、地球環境にやさしい安全でクリーンなエネルギーとして普及が進んでいます。

風の力で電気を起こす仕組み

風の力で電気を起こす仕組み

「風の力」で風車をまわし、その回転運動を発電機に伝えて「電気」を起こします。

「風力エネルギー」は風を受ける面積空気の密度風速3乗比例します。

つまり、風を受ける面積や空気の密度を一定にすると、増速機により風速が2倍になると風力エネルギーは8倍になります。
ブレード(風車)は風の吹いてくる方向に変則的に動き、 常に風の力を最大限に受け取れる構造になっています。
台風などで風が強すぎて危険な時は、ブレード等が壊れてしまわないように可変ピッチが働き、風を受けても風車が回らないように停止します。
また、風の運動エネルギーの約40%を電気エネルギーに変換できるので効率性にも優れています。

お電話・メールによるお問い合わせ

  • 0120-841-296
  • 0120-841-296
  • info@liberal-solution.co.jp
太陽光発電
住宅リフォーム
スマート電化
蓄電池
LED
事業案内